Bimocre

セミナーのご案内・申込

セミナーのご案内

宣伝会議 ブランドコミュニケーション講座

「お申し込み」をクリックすると株式会社宣伝会議「ブランドコミュニケーション講座」HPに移動します

講座開催の背景

競合商品が市場にあふれ、生活者の趣味嗜好も細分化している中で、コモディティ化してしまっている数多くの商品。魅力的な価値を感じてもらうために、改めて「ブランド」という概念が重要になってきています。「よいモノを作る」と売れるのではなく、「よいモノと感じてもらう」と売れるのです。そこで、精神的な付加価値を与えるブランドについての基礎理解から、コミュニケーションへの落とし込み方までを学ぶ「ブランドコミュニケーション実践講座」を開催いたします。 

こだわりの商品やサービスを提供していても、多くの顧客に共感・支持してもらうことができなければ、ブランドとして生き残っていくことは難しいでしょう。「競合他社と差別化された揺るぎないブランドをつくりたい」「ブランドの価値をもっと広めていきたい」とお考えの方には、ブランディング戦略のノウハウを基礎から学べる「ブランドコミュニケーション講座」の受講をおすすめします。ブランドの基礎理解、インサイトの発見、全体のプロモーション展開など、「強いブランド」に育てるためのブランディング戦略の組み立て方が身に付きます。

そもそもブランドとは何か?

「ブランド品」「有名ブランドのバッグ」などのように、「ブランド」という言葉は当たり前のように使われています。では、そもそもブランドとは何でしょうか? まず、ブランドの定義についてご紹介します。

「ブランド」の定義

ブランドとはもともと、自分たちの家畜に焼印を押して他人の家畜と差別化する行為でした。その後、同じような商品を見分けるために製造元がつけていたマークやタグのことをブランドと呼ぶようになり、現代ではそこから派生して「高級品」「品質の良いもの」「顧客や社会にとって価値を感じさせるもの」という意味で使われています。 
「ほかにはない唯一の存在である」という差別化要素がブランドの個性をより高めます。また、シャネルの「ダブルC」と呼ばれるロゴマークやシンボルのことを競合製品との差別化という意味でブランドと定義することがあります。 

ブランドを形成する主な要素には「理念」「象徴」「ファン」の3つがあります。理念とは、ブランドが持つビジョン、作り手・スタッフの思い、コンセプトのことです。 象徴とは、オリジナリティの高い商品やサービスのほか、ディスプレイやレイアウトといった空間演出も含まれます。ファンとは、ブランドの理念や商品・サービスに共感し、応援・支持してくれるコミュニティや集団のことを意味します。

「ブランディング」との違いって?

「ブランド」と「ブランディング」は、言葉は似ていますが意味は違います。 
ブランディングとは、ブランドに対して世間や顧客に良いイメージを持ってもらうための活動全般のことです。商品やサービス内容を前面に押し出すのではなく、あくまでも顧客との良好な関係を構築し、信頼感を持ってもらうことが目的です。「ハンバーガーといえばマクドナルド」「コーラといえばコカ・コーラ」というように、競合と区別して認識してもらえるようになれば、そのブランドのブランディングは成功したと言えます。

ブランディングができていないとどうなる?

ブランディングがしっかりできていないと、価格競争に陥ってしまいます。なぜなら「安さ」を売りにすることで、最初のうちは顧客を呼ぶことができるからです。 

 

カリキュラム

  • ブランド戦略の基礎
  • ブランドをコミュニケーション戦略に落とし込む
  • 今、求められるブランドコミュニケーションの役割

ブランディング戦略のポイント

顧客にブランド価値を理解し共感してもらうためには、正しいブランディング戦略が欠かせません。ここでは、ブランディング戦略を行う上で押さえておくべきポイントをご紹介します。

ブランドに価値が生まれる瞬間とは?

ブランドに独自の価値が生まれるのは、そのブランドが持つクオリティやオリジナリティ、世界観、歴史などが顧客から理解・評価された瞬間です。それらを顧客に正しく認識してもらうことは容易ではありません。たとえ自社の商品に100年以上の歴史があったとしても、長期的なブランディング活動を行い、顧客との信頼関係の構築を継続していくことが大切です。

コンセプト

ブランドが持つメッセージや思いを顧客に伝えて理解してもらうためには、まずブランドのコンセプトを設定し、社内で認識を統一する必要があります。 

コンセプトを設定するときのポイントは、「USP(Unique Selling Proposition)」と呼ばれる「独自の売り」を活かすことです。「USP」の例としてよく取り上げられるのは、ドミノピザの「30分以内にお届けします」やM&M’sチョコレートの「お口で溶けて手で溶けない」です。「製品の作り方」「使用している材料」「接客対応」など競合との差別化に成功している部分を前面に出しましょう。

ターゲティング

ブランディング戦略を成功させるためには、正しいターゲティングを行うことが重要です。「誰にそのブランドを届けたいか」という点が曖昧なまま、不特定多数へ向けてブランディング戦略を立てようとしても効果は限定的です。例えば、20~30代の働く独身女性をターゲットにしたい商品なのに、10~20代の男女に向けた販促活動をしてしまうと、10代の女性や10~20代の男性に対するPRで余計なコストを使ってしまい、反対に30代の女性という本命ターゲットを取りこぼすことになります。 

こうしたターゲット層のズレをなくすために有効なのが「ペルソナ」の作成です。ペルソナとは、その商品やサービスを利用する理想のユーザー像のことです。例えば、「20代の働く男性」をターゲットに、原料にこだわった缶コーヒーを発売する場合、その商品を売り込みたい架空の人物を具体的に設定します。 

まず、プロフィールをしっかり決めましょう。性別・年齢・住んでいる地域、趣味嗜好をはじめ、具体的な職業や肩書、年収、家族構成、休日の過ごし方、恋人の有無、よく遊びに行く場所、仕事や恋愛に対する価値観、よく見るテレビ番組のジャンルやSNSの使用頻度などを細かく設定します。 

ペルソナにリアリティを持たせることで、「この人ならどう思うか?」「どういう商品なら喜んでくれるか?」ということを具体的に想像できるようになり、ターゲットがどんなブランド・サービスを求めているかを追求しやすくなります。また、社内でもターゲットのイメージを共有しやすく、共通認識を持ってブランディング戦略に取り組むことができます。

セグメンテーション

市場をセグメント分け(細分化)することで、顧客に対する理解が深まります。商品やサービスは、その価値を理解してくれる層に絞って販売することが大切です。セグメンテーションの例としては、消費者の性別・年代・ライフステージで分ける「Demographics」という方法や、消費者の価値観・ライフスタイルによって細分化する「VALS(Values and Life Styles)」という方法があります。 

例えば、自宅で使う「テーブル」に対する価値観は、人によって異なります。「安いものでいい、中古で買ってもいい」という人がいれば、「素材にこだわったものを買いたい」という人、「デザインがおしゃれなものがいい」という人、「機能性を重視したい」という人もいます。天然素材で作ったこだわりのテーブルも、「安いものや中古でいい」と考える人にとっては、その価値を正しく理解してもらうことは難しいでしょう。セグメンテーションを行うことで、自社製品やサービスの立ち位置、市場規模などをつかみ、本当に必要としてくれる層に的を絞ることができます。

「お申し込み」をクリックすると株式会社宣伝会議「ブランドコミュニケーション講座」HPに移動します

講師のご紹介
平野 淳ひらの きよし
代表取締役社長
スーパー・ビジネスモデル・クリエイター
詳しいプロフィールはこちら
セミナーの詳細情報
開催日時
  • 2018年11月08日(木)
  • 10:00~17:20
会場
  • 【会場】宣伝会議 表参道セミナールーム
  • 【住所】東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル8階

【アクセス】

東京メトロ千代田線 「表参道駅」A4出口徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 「表参道駅」A4出口徒歩3分
東京メトロ銀座線 「表参道駅」A4出口徒歩3分

参加費用
59,000円
参加対象

この「ブランドコミュニケーション講座」は、「ブランド戦略の基礎」から「ブランドをコミュニケーション戦略に落とし込む方法」「ブランドを表現する全体のプロモーション展開」のスキルを1日で学べるようになっています。本講座の受講対象となる方をご紹介します。


 


企業のマーケティング担当者の方


 


「ブランド」と「ブランディング」は、言葉は似ていますが意味は違います。 
企業のマーケティング担当者の方はもちろん、宣伝・広報担当者、ブランドマネージャーになって間もない方、広告関連会社のプランナーの方、ブランディング戦略に関する知識を基礎から身に付けたいという方におすすめです。 
ブランディング戦略の経験や知識がない方にとっては、「ブランドとは?」「ブランディングとは?」という根幹を理解し、認識を深めることが必要です。講座の内容が身に付けば、具体的に「自社ブランドのファンをつくる」という方向へ進むことができるでしょう。 


すでにブランディング戦略に取り組んではいるものの、なかなか成果が出ないという方もいるでしょう。「ファンはついているが、上手く活用できていない」「競合に対して自社ブランドの優位性を確保できていない」「従来のブランディング手法に限界を感じている」といった悩みを抱えている方にも、本講座の受講をおすすめします。

企業の各部署で活躍するリーダー、担当者向け
参加資格
申込期限

「お申し込み」をクリックすると株式会社宣伝会議「ブランドコミュニケーション講座」HPに移動します